宮崎優子

今でもフランスでは新しいシャンソンが生まれ、歌われています。そんな新しいシャンソンの紹介や、今活躍している親 日家フランス人歌手の方々とのコンサートや交流の機会をたくさん作ってゆきたいと思います。

同じ曲を歌う時、日本人歌手とフランス人歌手では表現 (interprétation) がちがいます。詞の理解の仕方もちがいます。しかし、同じメロディーを日仏の歌手で歌う時、言葉は通じなくともなぜか心の交流が生まれます。

フランスと日本、それぞれのちがった文化をリスペク トしながら、シャンソンを通じて友好の輪が広がることを願っています。シャンソンと いうジャンルを築いてくださった諸先輩の功績を継承するためにも、次世代へフランスへシャンソンのKAKEHASHIをご一緒に架けてゆきましょう。

宮崎優子 (タイムオフィス

▲戻る