スペシャル・アーティスト


香川有美
小学生時代、フジTVの児童合唱団に所属、レコーディング、TV出演。シャンソンを堀内環氏に師事。17歳最年少で「銀巴里オーディション」に合格。1975年、第11回全日本シャンソンコンクール準優勝。1982年、渋谷「ラ・ママ」にてファーストコンサート。1986年、草月ホールでリサイタル後、よみうりホール、博品館劇場等にてリサイタルを続ける。また、作家・中島梓氏と共にライブ、ミュージカルに出演。日本語で歌うファド歌手、シャンソン歌手としては勿論、ロック、ブルース系の歌にも挑戦。個性的でエネルギッシュな魂の歌い手として、魅力的な有美ワールドを展開している。

 

岸本悟明
兵庫県美方郡新温泉町(旧浜坂町)出身。10歳よりピアノを、15歳より声楽を学ぶ。国立音楽大学声楽科卒業 在学中よりシャンソンを歌いはじめる。ピアノを西川妙子氏(鳥取市在住)に師事。シャンソンを堀内環氏に師事。コミカルでユニークな話術と圧倒的な歌唱力には定評があり、ピアニストとしても高い評価を受け、弾き語りの折には驚異的な力量を発揮する。現在、東京都北区田端に≪スタジオGOMEI≫ を開設して、コンサートを開催。都内ライブハウス「シャンパーニュ」「青い部屋」等に出演。また、シャンソンの教師としても多くの生徒に支持されており、「レスポワール ドゥ Gomeiの会」「岸本悟明シャンソン教室」を主宰。「中野プラタナス」「文京プラタナス」「シャンソン友の会 リラ」の講師を務める。